会社案内

経営方針

品質「Quality」と革新「Innovation」で世界に誇りうる製品を作る

環境にやさしい、創造力豊かな企業を目指す

ご挨拶

私たちキュー・アイは1971年に創業以来多くの特殊ロボットカメラの製造・販売を通じて社会に貢献してきました。

キュー・アイの語源は「クオリティー」と「イノベーション」です。この二つを軸にしながら、高品質な新製品の開発を、国内のみならず世界に向けて発信していきます。

いつまでもお客様のニーズに合った、社会の役に立つ良い商品創りを通じて社会に貢献する企業を目指します。

株式会社キュー・アイ 代表取締役社長 武井 勇二

経営目標

●顧客第一に考え、適正な価格で質の高い製品を提供する。
●意欲的な新製品開発を行う。
●国内外の優良企業との開発・製造・販売協力する。
●優良企業への仲間入りをする。

会社概要

会社名 株式会社キュー・アイ
所在地 〒236-0004 神奈川県 横浜市 金沢区 福浦2-4-7
電話/FAX TEL:045-790-3206(代表)
FAX:045-701-1066
設立 昭和46年7月7日
代表者 武井 勇二
資本金 5,000万円
取引銀行 商工中金 三井住友銀行 みずほ銀行 横浜銀行
認証 ISO9001取得
加入団体 横浜商工会議所、JETRO、テレビジョン学会、日本水産学会、日本原子力学会、日本下水道協会
業務内容 水中、管内、耐放射線テレビカメラ・ロボット等の開発・製造・販売 ならびに輸出入

品質方針 - ISO9001

当社が、競争優位を維持して持続可能な成長を実現するためには、当社の提供する製品・サービスにより、お客様の満足・信頼・期待を得ることで、当社の存在意義を高めることが必要不可欠である。

そのために当社は、法令順守の他、規格要求事項に適合する品質マネジメントシステムを確立し、実施し、それが有効であるように継続的に改善します。顧客要求の変化、技術革新など外部環境の変化を迅速に察知し、対応することによって、顧客満足の向上を目指します。そのために、品質目標を設定し、全社員が実現に取り組みます。

営業品目

管内検査用カラーTV装置、スーパービデオインポーザー、1万m級深海TVシステム、自航式水中カラーTV装置、超小型TVカメラ、耐放射線TVシステム、航空機搭載用TVシステム、赤外線暗視TV装置、ボアホールTVシステム、キャビテーション解析装置、ビデオディスプレイ装置、自動映像切換装置など

主な納入先

官公庁 国土交通省 経済産業省 防衛省 宮内庁 農林水産省 文部科学省
大学 東京大学 東京海洋大学 鹿児島大学 筑波大学 長崎大学 東海大学 防衛大学校 徳島大学
地方自治体 大阪府 宮城県 千葉県 静岡県 茨城県 広島県 佐賀県 富山県などの市町村水道局及び水産試験場
研究団体 (独)日本原子力研究開発機構(JAEA)、海洋研究開発機構、宇宙航空研究開発機構、電力中央研究所
民間企業 NTT、NHK、KDDI、ソニー(株)、 日本ビクター(株)、港湾航空技術研究所、日立GEニュークリアエナジー(株)、(株)日立ハイテクノロジーズ、三井造船(株)、(株)東芝、(株)IHI、三菱重工業(株)、鹿島建設(株)、 三菱商事(株)、関西電力(株)、東京電力(株)、中国電力(株)、北陸電力 (株)、日本ヒューム(株)、川崎重工業(株)、 (株)日立製作所、住友電気工業(株)、鹿島建設(株)、五洋建設(株)アメリカ、イギリス、韓国、台湾の各企業

アクセスマップ

住所 〒236-0004 横浜市 金沢区 福浦2-4-7 / 電話:045-790-3206


 電車での来社方法
●「JR京浜東北線 新杉田駅」より「金沢シーサイドライン の 福浦駅」下車、2番出口より徒歩5分
●「京浜急行線 金沢八景駅」より「金沢シーサイドライン の 福浦駅」下車、2番出口より徒歩5分
 車での来社方法
●横浜横須賀道路 【釜利谷分岐点】より【並木インター】で降り、直進
→【国道357号】「幸浦2丁目信号」を右折 →「福浦2丁目信号」を左折

●【湾岸線】【幸浦出口】で降り、【国道357号】を直進 →「福浦2丁目信号」を左折